2021年12月15日

太陽光発電の基本

太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリットとデメリット

太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリットとデメリットについてまとめていきます。

太陽光発電と蓄電池

太陽光発電について、多くの方が興味を持っているのではないでしょうか。最近では蓄電池の技術が急速に進んでおり、家庭用太陽光発電システムとセットで利用できるようになりました。

 

しかしながら、「よくわからない」という方も多いはず。そこで今回は、太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリットとデメリットについてまとめていきます。

 

太陽光発電に家庭用蓄電池を組み合わせるメリット

太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで、日中に発電した電力を蓄えておくことが可能になります。それによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

非常用電源として活用できる

太陽光発電だけでも非常用電源として活用できますが、雨や曇りの場合はなかなか発電できない傾向にあります。しかし、家庭用蓄電池を設置すれば、雨や曇りで発電量がなかった日でも前日に貯めておいた電気を利用することができます。

 

また、もし停電してしまった場合も、蓄えておいた電力を非常用電源として使用することが可能です。最近では電子レンジやIHまで利用できるタイプもあるので、とても便利ですよ。

 

節電につながる

日中に太陽光発電で発電した電気を使ったり、夜間に蓄電池に溜めておいた電気を使うことで、買電量が抑えられるのです。節約を心がけている方にとっては非常に大きなポイントでしょう。

 

また、ピークカットを利用することでより効率よく節電することも可能です。ピークカットとは一日の間で一番電気の使用量が多い部分を少しでも削減し、節電することを指します。

 

自家消費に活用できる

自家消費型太陽光発電システムを使用する上で非常に大切なポイントとなるのが家庭用蓄電池です。もしFIT制度が終了して売電価格が下がったり、売電自体ができなくなったりしたら、太陽光発電のメリットがなくなってしまいますよね。

 

しかし、自家消費型太陽光発電システムに切り替えた場合でも、日中に溜めた電気を天気の悪い日や夜に使えるので節電のメリットがあるのです。

 

太陽光発電に蓄電池を組み合わせるデメリット

メリットがたくさん得られる中、もちろんデメリットもあります。詳しくご紹介します。

 

費用負担が大きい

最近では太陽光発電システムが安くなっているとはいえ、家庭用蓄電池と組み合わせるとなればそれなりに高い費用が必要になります。簡単に手に出せる金額ではないのが現状です。

 

しかし、各自治体によっては補助金制度を設けているところもあるので、事前に確認してみましょう。自治体によっては補助金額や条件が違うだけではなく、補助金制度自体を行っていないところもあるので、そちらも確認しておかなければいけません。

 

設置スペースを確保しなければいけない

非常用の電源として活用できる定置型蓄電池は、エアコンの室外機二台分程度のサイズになるので、その分の設置スペースを確保する必要があります。屋外タイプのものもありますが、海に近い地域では設置できない可能性もあるのでこちらも確認しておく必要がありますね。

 

比較的寿命年数が短い

太陽光発電は20年から30年が寿命といわれており、比較的長持ちするといえます。しかし一方で、家庭用蓄電池の寿命は7年から15年程度だと言われています。

 

費用回収を考えるとなると、費用対効果が難しい場合も考えられます。家庭用蓄電池を導入する際は、費用回収のシミュレーションや対策などを事前に行っておくと良いでしょう。

 

太陽光発電に組み合わせる家庭用蓄電池の選び方のポイント

最後に、太陽光発電に組み合わせる家庭用蓄電池の選び方のポイントをご紹介します。

 

まずは連携方式を確認しておくことです。連携するタイプは発電した電気も蓄電できるものとなっており、連携しないタイプは太陽光発電システムと連携せず、電力会社から買電した電気を蓄電する機能を備えています。太陽光発電と組み合わせることを考えるなら、連携するタイプの方がおすすめです。

 

2つ目は蓄電容量で選ぶことです。蓄電容量はメーカーや商品ごとに違います。蓄電池を選ぶ際はどの程度蓄電したいかをまず決めておきましょう。また、それぞれ寿命も異なるので使用頻度も計算した上で選んだほうがいいですね。

 

3つ目は特定負荷型と全負荷型を違いで選ぶことです。特定負荷型は停電した際、事前に連携した電気機器にのみ使用できることが特徴として挙げられます。全負荷型は住宅のすべての電気機器回路と連携するタイプです。停電時もすべての電気機器を使用することができます。非常用電源として使いたいなら、どちらの負荷型を選ぶのかも検討することが大切です。

 

まとめ

太陽光発電と蓄電池を組み合わせる際は高い費用が必要になるものの、万が一災害が起きたときに家族の命を守ってくれるものになるかもしれません。最近ではIHや電子レンジなどにも電気を供給してくれるものがあるので、災害時でも家の中で安全に過ごせるでしょう。

 

節電にもなるため、太陽光発電の導入を考えている方は、ぜひ蓄電池との併用を検討してみてください。