新電力

導入コスト¥0で電気料金を削減

導入コストをかけずに、最大2,600万円の電気料金削減

新電力 は導入にコストはかかりません。
契約する電力会社のプランを見直すことで、御社の電気料金削減を実現できます。

 新電力

導入事例

私達は、お客様の利益最大化を
お約束いたします!

販売店 49店舗

削減率 16.51%
契約電力 3,271kW
負荷率 20.35%
年間電力使用量 560万kWh

年間 2,400万円の削減

鉄鋼業 工場

削減率 13.15%
契約電力 393kW
負荷率 23.58%
年間電力使用量 80万kWh

年間 240万円の削減

百貨店

削減率 5.62%
契約電力 2,800kW
負荷率 34.35%
年間電力使用量 840万kWh

年間 1,000万円の削減

オフィスビル

削減率 6.17%
契約電力 1,200kW
負荷率 49.6%
年間電力使用量 520万kWh

年間 600万円の削減

病 院

削減率 6.89%
契約電力 404kW
負荷率 43.9%
年間電力使用量 155万kWh

年間 200万円の削減

福祉施設

削減率 14.93%
契約電力 173kW
負荷率 41.07%
年間電力使用量 60万kWh

年間 190万円の削減

「 新電力 」とは?

電力自由化

これまで実質的に独占市場であった、電気事業の規制が緩和。これにより大手電力会社以外からの電気を買うことが可能になりました。

より安い電力会社を選ぶ時代

電力自由化 により、より安い電力会社から電気を買えるようになります。このように新規参入した電力会社を「 新電力 」といいます。

「 新電力 」で
電気代が安くなるしくみ

価格競争により、料金単価が安くなる

これまでの電気料金は、大手電力会社の独占市場でした。

電力自由化 で、新たな企業が参入することで価格競争が起こり、より安い電気料金を提示してくれる企業が出てくるようになりました。

新電力 の料金単価は平均0.9円(約4%)安い

資源エネルギー庁によると 新電力 は従来の電力に比べて、販売単価が約4%安くなっています。これまでの単価22.2円に対して、 新電力 は0.9円安い21.3円に下がっています。

出典:電力小売全面自由化の進捗状況(2017年7月7日)

価格競争により、料金単価が安くなる

新電力 には大規模な設備投資が必要ない

新電力 には大規模な設備投資が必要ない」ことがもうひとつの魅力です。

従来の大手電力会社は広い地域の電力供給を担っている為、ピーク時の使用量を超えないように大規模な設備投資を行っています。その費用が電気料金に含まれています。

それに対して 新電力 は、ある程度ターゲットを絞って電力を供給している為、管理する範囲が狭く、管理費や人件費なども安くなる為電気代も安くなるのです。

 新電力 には大規模な設備投資が必要ない

基本料金が安くなる

従来の電気料金は「電気を一番使ったピーク時を基準にする」仕組みになっています。
新電力 では「使った分だけ支払う料金制度」になる為、その分基本料金が低く抑えられます。

一般電気事業者の場合

ピーク時の使用電力量をもとに契約電力を設定

一般電気事業者の場合
新電力 の場合

実際の使用量に応じた基本料金単価を設定

 新電力 の場合

よくある質問

新電力 の電力は安定してるの?

これまでと同じ電力網を用いていますので、安定してお使いいただけます。
万が一電気供給が不足した場合は既存電力会社がバックアップすることとなっています。
増えた分の料金は 新電力 会社から既存電力会社へと支払われますのでお客様の負担にはなりません。

切り替えに工事は必要ですか?費用の負担はありますか?

メーターや通信装置の取り付けを行います。
お客様の費用負担は特にありません。

何かデメリットはありますか?

特にデメリットとなることはありませんが、ご契約される内容がお客様の利用状況に合っていないと、充分なコスト削減ができなくなります。まずはお客様に合った 新電力 をお選びいただくため、お気軽にご相談ください。

何か注意点はありますか?

現在の電力会社との契約が中途解約になった場合は違約金が発生することがあります。
現在の契約状況を事前にご確認ください。

導入費用¥0 / シュミレーション¥0

削減可能な電気代はお客様のご利用状況によって異なります。
どれほどの削減が可能か?無料診断致します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-106-116
メールでのお問い合わせ