空調管理システム

システム導入のみで
電気料金「最大43%」削減

業務用空調機の入れ替えには多額の費用がかかります。

空調機器を入れ替えずに、システム導入のみ。
低コストで電気料金を大きく削減できます。

※空調が古い場合は入れ替える必要が出てくる場合もあります。
※また室外機が クーリングタワー の場合は入替になります。
※詳しくはお問合せください。

システム導入のみで電気料金削減

最小限の導入費用で
空調コスト削減

電力消費量の大きい空調機器。
システム導入だけで電気料金を大幅削減します。

空調は、あらゆる機器の中でも電力消費量の多い機器です。
しかし空調機の入れ替えには、空調機本体の価格に加え、大掛かりな工事が必要になります。

この空調制御システムでは、通信線の工事および各空調機メーカーのアダプタ設置のみでご導入いただけます。
大きなコストをかけずに、電力消費量の多い空調機器の電気料金削減を実現します。

最小限の導入費用で空調コスト削減

導入事例

テナントビルで289万円削減 /
カフェで43%の削減を実現

テナントビル

削減率25%
年間289万円削減

導入事例

カフェ

削減率43%
年間18万円削減

導入事例

システムでどのように削減する?

【ポイント】実はエアコンの設定温度と実際の室温は違う

「エアコンの設定温度が実際の室温になっている」と私たちは考えがちです。しかし空調機の設定温度と実際の室温は違います。

冷房24℃設定→24℃でコンプレッサーON、22℃でOFF。
設定温度と実際の室温には2℃ほどのズレが生じています。

また設置場所によって暖め過ぎの場所、冷やし過ぎの場所など1台毎で異なります。

設定温度と実際の室温との差異による問題

22℃冷房設定

実際の室温は
20~22℃となる

25℃暖房設定

実際の室温は
25~27℃となる

複数の空調機で
24℃冷房設定

実際の室温は20~22℃と
なる場合がある

店員の方の好みで設定

お客様には
不快となる場合がある

1℃の設定温度緩和で10%のエネルギー削減

たった1℃の設定温度最適化でも、
10%のエネルギー削減効果があります。
しかし、室温を人の手で最適化することは
非常に困難です。

5分ごとに室内温度を自動最適化

① 5分に1回空調機器の運転状況データを収集

現在の室内温度や設定温度などを収集。
1分ごとの状況を把握。

② 外気温と湿度データをインターネットで取得

地域毎のリアルタイムな外気温と湿度の条件をインターネットから取得。

③ 室温と外気温を比較し自動最適化します

手動では困難な空調管理を自動で行うことで、効果的な使用電力削減を実現します。

5分ごとに室内温度を自動最適化

削減可能な電気代はお客様のご利用状況によって異なります。
無料シュミレーションも行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-106-116
メールでのお問い合わせ